2013年11月05日

第16回全国シェルターシンポ

今年も全国シェルターシンポが盛岡であり、
全国から600人位の方々が集まり、大きな盛り上がりとなった。

私は27日午前「被災地に置ける女性支援」に参加。
被災地での電話相談などの支援をやってきた方たちの報告は、
被災直後は通じる電話をもっていないとか、
家族と暮らしている仮設からはかけにくいなど、
そうだろうなあと思われる状況を話されていた。
そして、被災する前からあった問題が、
被災によりよりはっきり問題となったということばが
印象的に感じた。

午後は「高齢者虐待とDV被害」に主催者側で参加。
DVD『自分をとりもどす』を上映し、
この日にあわせて製作した『高齢者の居場所づくり』『高齢者虐待』を上映。
みなさん、大変関心をもってくださった。
又、虐待をする人は40%が息子、娘は16%、
被害者である親は自分の子どもからの虐待ということで、
なかなか人に相談できない。
被害が長期化になりやすく、問題が根深いものを感じた。

2005年「高齢者に対する虐待の防止」という法律ができた。
地域では、周りの人が気がつくことが、
一緒に問題解決する可能性につながる、
ということである。

koureisya.jpg
posted by wrapiy at 13:47| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | DV 女性 シェルター シンポジウム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。