2010年05月12日

セミナー 講演会の撮影の仕方

数日前にある会社から依頼されて撮影講座をしました。
2時間のセミナーの記録を撮影して簡単に編集してDVDに仕上げたいとのこと。
欠席者や関心のある方に安価で販売できるようにしたい。

これって多くの会社で必要なことでしょうね。

今までは部屋の後からカメラ2台で撮影していたとのこと。
1台は予備のため。しかしこれでは講師の声が聞き取りにくいしノイズが入る。
映像も常に受講者の後姿が入ってしまうので中途半端。

これは多くの初心者がする失敗例

撮影の基本は被写体にできるだけ寄って撮ること。
大事なのは講師の近く(2〜3メートル斜め横)で、顔と声をしっかり撮影することです。
カメラ1台ならこの位置で。2台なら1台は後から全体の様子を撮影しましょう。

posted by wrapiy at 09:46| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 簡単IT情報・How to ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。