2014年05月02日

「おひとりさま」への感想

一般財団法人とよなか人権文化まちづくり協会が発行している「じんけん ぶんか まちづくり」42号に「おひとりさまPart1 Part2」を見た理事の西村寿子さんが感想をお書きになっています。今回はその内容をご紹介します。

「おひとりさま」の”呪い”を解く?

『〜おひとりさまを生きる〜あなたは老後をどのように暮らしますか Part1 Part2』を見て


寺本知誕生100年プロジェクトの一環で発表されたDVD『人 とよなか 寺本知 つよく やさしく あたたかく』に制作協力されたビデオ工房AKAME エンドウノリコさんから新作上映の案内をいただいた。『おひとりさまを生きる〜あなたは老後をどのように暮らしますか Part1』(37分、2009年)に続くPart2(30分、2014年)である。2作ともドキュメンタリー作品だが、Part1では、一人暮らしの女性がどのような暮らし方を選んだのかを紹介している。持家、借家、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、NPOが運営するグループホームなど基本は自宅か自宅以外の施設かという選択肢になるが、施設といっても運営方針や必要経費など多様である。映像は一人ひとりの生活を丁寧に追っているが共通しているのは、時には人の手を借りながらも最後まで自分らしく生きようとするエネルギーである。


4月に向けて完成間近のPart2は、Part1をさらに押し進めて自宅で最期を迎えるという前提で毎日を送っている女性、実際に最期を迎えた女性を取り上げている。高齢者専用賃貸住宅で暮らす高木満里子さんは、Part1でも登場しているが、60代で夫のDVから逃れて一人暮らしを選び、それまでに積み重ねてきた周到な準備のもとで4年前から高齢者専用賃貸住宅で暮らしている。映像では、少し不自由に見える身体だが80歳を過ぎた今も併設施設でボランティアをしている姿が映し出される。エンドウさんによると、高木さんは4年前にこの住宅に決めるまでおよそ10年の時間をかけたという。また、この住宅は、最初からすべてのサービスが用意されているのではなく、住民が自分たちで居心地の良い場所にしていくため少しずつ力を合わせているようだ。


もう一人は脳梗塞で倒れ不自由な身体になっても介護ヘルパーや友人の協力によって賃貸住宅に暮らしている梁容子さんである。梁さんは女性のための大工教室や漆作家として活動してきたが、今もときには友人とお芝居に行くなど生活を楽しんでいる。


もう一人は、手術や抗がん剤治療など行わず乳がんと最期まで共存した川口容子さんだ。川口さんは、介護保険による介護サービス、訪問医療および看護のサポートを使いながら最期まで自律的な生活を送った。また、映像では友人たちが季節のご馳走をつくって川口さんと食卓を囲むシーンが映し出されているが、考えられないくらい多数の友人たちがネットワークを組んで交代で生活を支えた。エンドウさんはPart1を制作している時は、こんなことが可能になるとは想像できなかったけれど介護保険を使いながら、自宅で最期を迎えることが可能になったと感じたと言う。


作品では、サポートした友人がインタビューで「川口さんは一瞬、一瞬を自分らしく生きてきた。だから自分らしい最期を迎えることができたのでは」という趣旨のことを語っている。確かにそうだろう。だれもが川口さんのように多くの友人を持ち、友人に最期まで支えられるとは想像しにくいが、でも、それは不可能ではないことを作品は示している。また一方で作品は、川口さんの人間力だけでそれが可能になったのではなく朝8時から夜10時までの公的サービスの存在が重要であることを示している。


上映会では、もう一つ驚いたことがあった。それは、昨年制作されたDVD「自分をとりもどす〜DVサバイバーからのメッセージ〜」で取り上げられた70代の女性が登場して、夫のDVから逃れ裁判による協議離婚(しかも途中で弁護士を替えて)をして、現在は自分と同じような立場の女性を支援する活動をしていることを生き生きと語ったことである。DVサバイバーという見えにくい存在を作品に取り上げたことも重要だが、また、実際にご自身の体験を話す姿を目の当たりにして、自分のなかにあるサバイバーのイメージが大きく変わったように思う。


私も考えてみればDVサバイバーや超高齢期の「おひとりさま」について、知らず知らずのうちに否定的なイメージを抱え込んでいる。一方で2作品は、経済的な不安や困難を抱えつつも、地に足を着いて、一瞬一瞬をどう生きるか選択しながら生きてきた人びとを取り上げており、そこからは「正解のない」社会的課題をともに考えていこうという制作者のメッセージを感じる。これからまず必要なことは、このような「正解のない」課題について共に語り合う対等な「場」だと思った。


ぜひ、またみなさんと一緒に見る機会があればと思う。なお、これらの作品はビデオ工房AKAMEから購入可能である。


『じんけんぶんかまちづくり』第42号(2014年3月)より許可を得て抜粋しました。



posted by wrapiy at 17:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | AKAMEの作品紹介・ダイジェスト版など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

新作「空色の故郷」

今月、新たな作品が加わりました!
アカメも字幕製作に関わった「空色の故郷」(93分/2000年韓国/個人価格5250円/ライブラリー価格21000円/上映権付き価格31500円)です。

〜ストーリー〜

 1937年、ウラジオストクや沿海州に住んでいた朝鮮族の人たち約20万人が、強制的に中央アジアに移住させられるという事件がありました。現在でも、ウズベキスタンには、この朝鮮族が多数生活しています。

家族といっしょにこの地に移住させれたシン・スンナム画伯は、美術学校を卒業してタシケントの大学で美術を教えながら、様々な作品を描いていました。

 

 映画は、シン画伯を中心に、タシケントで今も生活を営む移住者たちの様子を伝えています。ある日突然の命令で汽車にのせられて全く知らない土地に連れてこられた幼い日のこと、KGBにスパイ容疑で連行されたまま帰ってこなくなった父のこと、第二次大戦で労役につき、次々に死んでいった男性たちのことなど、苦難の歴史が淡々と綴られています。

こうして死んでいった「高麗人」(彼らは自分達をそう呼ぶ)の霊に捧げるため、KGBの目に触れないようにしながら30年間描きつづけられたのが、シン画伯の大作「レクイエム」です。


今回、大阪のシネ・ヌーヴォで「空色の故郷」が上映されることになりました!

韓国女性監督特集2013の一作品として8月17日からはじまります。

監督のキム・ソヨンさんのトークショーもありますので、この機会にぜひ足を運んでみてくださいね。

上映に先立って監督にコメントをお願いしました。


〜監督からの一言〜

この映画はソウルでの上映以降、13年ぶりに日本語字幕版が作ら れ、日本の観客との出会いを迎えている。映画の上映日にあたる8 月18日は、シン画伯の命日である。生前、彼は、 広島の原爆犠牲者の為のまた一つの「レクイエム」を制作し、 その展覧会を日本で開催することを望んでいた。

惜しくも、彼の夢は叶えられなかったが、今回の上映会は、 フィルムを通して彼の代表作に接するよい機会だと思う。

数十年前の事件をまるで昨日の事のように生々しく、そして、 最後になるかもしれない証言を語ってくれたウズベキスタンに強制 移住されたコリアン1世のシワの寄った顔が、 未だ鮮やかに頭の中に残っている。

フィルムの中に刻まれた彼らの生と、 シン画伯の静かな告白に耳を傾けて頂けたら幸いだと思う。




強制移住というとすぐにピンとくるのがアウシュビッツという言葉。強制移住というとそこで始まり、そこで終わってしまう私の思考を大きく変えてくれ、あらゆる物事の見方自体を問わなくてはいけないそう思える作品でした。

ウズベキスタンになぜこれほどのコリアンが住んでいるのか、そこに日本はどう関わったのか、時代に翻弄させられた人々の苦渋の声を聴き胸が締め付けられます。でも決してこの声は過去のものではなく今この世界を見渡しても、近辺を見渡しても、しっかり耳を澄ませると聞こえてきます。大きな何かに翻弄され苦しむ人たちの声が…。外国の出来事としてではなく広い視点で日本でも多くの方に観て欲しいそんな新作です。

できればこの機会にシン画伯の描いた絵を観て感じてみたいものです。



posted by wrapiy at 18:11| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AKAMEの作品紹介・ダイジェスト版など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

完成しましたDVD『部落解放運動の歩み』

新作DVDを紹介します。部落解放研究所からの依頼で制作したDVDです。
部落についての知識がない方もある方も楽しんで見る事ができます。

『部落解放運動の歩み 人間は尊敬すべきもの』2012年/DVD3部作60分(各部20分)

1部 戦前編・・・水平社の運動
2部 戦後編1・・・部落解放運動の再出発
3部 戦後編U・・・部落解放運動に向けた新たなステージ

解放出版社で購入できます。
posted by wrapiy at 14:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AKAMEの作品紹介・ダイジェスト版など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。